スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイクを冬眠させ、オヤジは物思いにふける


あてもなく さまよう笠に 霜ふるらしい  種田山頭火

今年ももう12月になった。そしてまた冬が来た。信州ではすでに初雪が降り、霜がおり、寒さが厳しくなってきている。

12月になれば道路には融雪剤が撒かれる.これがバイクの錆の原因になるのだ.ここしばらく雨が降っていたので、道に撒かれた融雪剤も流れたであろう。バイクの疾走り納めをするにはちょうど良い.しかも今日は暖かだ。

そう思って革パンツにN-3Bジャケットを纏い、エンジニアブーツに足を入れた。久しぶりにバイクに火を入れよう。・・・んっ、セルは回るがエンジンがかからない。そのうちにセルも回りが弱くなってきた。このバッテリーは購入後もう3年が経つ。弱ってきてもしょうがないか。

仕方がないのでバッテリーを外し、充電器にかけた。今日の走り納めは充電後、バイクの機嫌が直り、自分のやる気が失せていなければと言うことに相成った。

3時間ほど充電しバッテリーは甦った。シリンダー内に生ガスがたまっているだろうと思い、プラグは外しておいたので、元に戻す。エンジンは一発でかかった。

IMG_7372.jpg
 日はすでに西に傾き始めているが、気温はまだ充分温かい。今日はのんびりと川沿いの管理道路を疾走ろうと思う。


この道は基本的には農業耕作車専用道路なので、一般車両は入ってこない。建設省管轄で道交法で管理されていないので警察もいない。農業従事者に敬意を払い、疾走らせていただくのだ。もう農閑期なので農作業をしている方もまばらだ。

IMG_7376.jpg

この道が長野市豊野地区から千曲市まで60Km以上続いているのだから田舎はある意味バイク乗りには良い環境だ。

IMG_7373.jpg
 自分の影を追う

毎年冬の期間、12月から三月初旬まで4ヶ月近くはバイクを冬眠させる。東京にいた頃はこの時期もバリバリ乗り回していた。東京といえどこの時期は寒い!防寒用のジャケットと言えばまだ綿が入っていた時代だ。こんな時に鼻水垂らしてバイクに乗っている奴らは、馬鹿か酔狂なやつだけだった。だから運転が上手いやつしかいない。早朝の寒気が溢れ、渋滞している246は、ある意味疾走りやすく、抜きつ抜かれつ、車をパイロンに見立てスリリングなバトルが楽しめた

IMG_7374.jpg
 ここからは北信五岳、北アルプスが綺麗に見える

道を走っているとまもなく夕日が沈む時間となった。

IMG_7389.jpg

長野市から須坂市へ千曲川を渡る村山橋のあたりで停まり夕日を眺めていると、犬の散歩をしているじいさんが「槍の穂先に沈んだかね?」と聴いてきた。

「槍の穂先」とはご存じだろうか?北アルプスの槍ヶ岳頂上のことだ。そう、この場所から槍ヶ岳が観られるのだ。長野市内から槍ヶ岳が観られる場所は限られているが、ここからも観られるとは知らなかった。じいさんが言うには「正月頃には外れてしまうので、今頃から12月半ば頃にかけて槍ヶ岳の頂上に夕日が沈む」のだそうだ。

IMG_7395.jpg

 残念ながら今日がまだ槍の右側に沈んだ。晴天であればまた改めて家族と来ようと思うのだった。


c933adaa605e89d86b4de5a5387ac0d0.jpg
 ちなみに「槍の穂先に沈む」とはこういう情景だ


洗車しタンクにガソリンを一杯に入れて帰宅した。ガレージで燃料コックを閉めエンジンを回しキャブに残っているガソリンを終わらせた。バッテリーはマイナス・コードだけ外しておく。これから3月まで雪国のバイクは冬眠となる。

疾走り納めをしてオヤジはふと思った。「ハーレーは重い」と。歳を意識はしたくないがやはり300Kgオーバーのバイクは重い。70歳を超えた先輩諸氏もフル装備400Kgのバイクを乗り回しているが、バイクの自重だけではない重さを感じ始めている。

直線をどっしりとどこまでも走ってゆくにはハーレーはとても良いバイクだ。
しかしオヤジはこれからのそれほど長くないバイクライフを、もう一度峠をひらひらと走り抜けたくなっている
増車する余裕はないので、軽くて軽快にコーナーを駆け抜けられるバイクへの乗り換えを考え初めている。自分にとって気持ちの良い浮遊感が得られれば良いのだ。
そう、ちょうど来年三月にこのハーレーは車検を迎える。タイヤ、オイル、バッテリーも交換時期だ。その為の費用を足して新しい相棒との出会いを探すかな

この冬にお炬燵の中でミカンを食べながらどうするか決めよう。のんびり気持ち良く信州の道を走れるバイクを探しながらね

そうそう、今年仕込んだ生ハムとサラミも食べ頃になったので切ってみた。今年も安定の仕上がり、旨い!
去年のように正月前に食べきらないよう自己節制するぞ

IMG_7408.jpg
 良い感じに仕上がった生ハム

IMG_7416.jpg
 生ハムは、紙のように薄く切るのが決まりだ

IMG_7293.jpg
 ほらサラミも旨そうでしょ!


枯れ草の 夕日となつて 皆かえつた  種田山頭火


スポンサーサイト

初秋の志賀高原を疾走ってきた

  紅葉観てきた山の端に ほつかりと昼月  種田山頭火

久しぶりのブログ更新である。何という理由はないのだが、ついつい更新をサボっていた。
その間にサーバーが更新されいつものパスワードでログインできないという事態!紆余曲折のうちに放り投げ、現在に至る。そしてひょんな拍子にログインできてブログ復活と相成ったのだ

このところ週末は家庭菜園の雑草取りやら、秋野菜の手入れ、生ハムの仕込みに、展覧会に出展する絵を描いたりと忙しく過ごしていた。山の上の紅葉は如何なモノかと今日は疾走りに行くことにした

「志賀高原を疾走しにいくぞ!」とTwitterで呟いたところご近所のフォロワーさんが「おいらも連れてて!」と返信が来た。大歓迎である。基本オヤジはソロツーリングを好む。でもたまには人恋しくなるのだよ

IMG_6917.jpg

近所のスーパーの駐車場で待ち合わせ。相方のCB1300。

峠のドンガメで申し訳無いが、のんびりペースでのツーリングにしてもらった。オヤジは昔これと同じエンジンを積んだX-4 に乗っていたのでちょっと懐かしい。

志賀高原へのルートは中野市から湯田中を抜け国道292号線「志賀草津ルート」を上がるのが通常ルートだが、目を三角にした走り屋達がカリカリ疾走っているので、ゆっくり疾走れる高山村から万座へ至る県道112号線を選んだ

IMG_6921.jpg

爽快に晴れ渡った秋の空に、遠く北アルプスまで見渡せる。写真では厳しいかもしれないが槍ヶ岳も観ることが出来る。

途中の展望台で休憩をしていると、下ってきたライダーが大声で「凍ってるよ!」だって。慎重に上がっていったところ日影のカーブに凍結していた後があった!標高2000m侮りがたし

登り切り、ちょっと脇道に逸れて毛無峠へ向かう。狭い道だが見晴らしの良い道だ。しかし行き止まりになるのでまた戻ってくることになる。突き当たりは廃坑の後地。ここはいつも強風が吹く。天気は良いが体感温度は下がる

IMG_6927.jpg
 強風吹きすさぶ毛無峠駐車場 僅かだがダートがあるのでご注意を

すでに数台のバイクが来ていた。来る度にいるのだがラジコン・グライダーを飛ばしているチームもいた。この強風の仲良くコントロールするものだと感心する

IMG_6932.jpg
 グライダー見えるかな

IMG_6928.jpg
  ここで記念撮影。なかなか良いシチュエーションでしょ


一旦県道まで戻り、万座へ向かう。万座に付くと右側に緑が映える池がある。「牛池」というこの池はオヤジのお気に入りの場所だ。透明度が高く、水中の藻の緑が水を緑に染めている。秋空も映り込んで絶景なのだ

IMG_6940.jpg

今日は良い天気で暖かだったのでバイクが多かった。ビーナスラインも良いが、ここ志賀草津ルートもなかなか良い道だ。来月には閉鎖になり、長い冬ごもりになるので是非疾走しに来て欲しい。来月初めまでは日影の凍結に気をつければ大丈夫だし、紅葉が最高になるだろう

IMG_6942.jpg

帰りは292号線を降りる。紅葉の盛期にはあと少しという状況だ。今月末が見頃ぐらいだろうか。下界は何とも暑い!冷えた身体をラーメンで温める目論見だったが、陽射しで充分暖まってしまった。しかし初心貫徹。中野の「そうげんラーメン」で鶏白湯+あごだしラーメンをいただく。久しぶりに来店したが変わらず美味しかったよ

IMG_6945.jpg

  逢って何より お蕎麦のうまさは  種田山頭火

今回は蕎麦じゃなくてラーメンだったけどね。同行してくれたOgaさんお疲れ様でした。また是非一緒に疾走りましょう









また夏が来る ビーナスラインの裏表を疾走ってきた

  どうやらあるけて 見上げる雲が初夏  種田山頭火

まだ今日に時点で信州は梅雨明けしていない

IMG_6070.jpg
我が家のベランダから正面に美ヶ原が見える。まあ望遠鏡でのぞかなければテレビ塔群は見えないが・・

今日は久しぶりにあそこまでツーリングしようと思い、「雲がかかっていることが気になる」とツィートしたところ、松本のフォロワーさんから「すぐに雲は消えますよ!」との情報が。

それならば「海の日に山へゆこう!」とあまのじゃくなオヤジは重い腰を上げた。まだ梅雨明け宣言はされていないが、ちょうど今日、東海までは梅雨が明けたようだ。
早めに家を出られたので今日はビーナスの裏と表を疾走るつもりだ。ビーナスラインはこのブログで何度か紹介させてもらっている。何度疾走っても飽きない素晴らしい高原ルートだ


自宅を出発し国道19号線で松本へ向かう。松本の手前にある美鈴湖から狭くて急峻な美ヶ原林道を頂上へ向かって走ると、高山帯に出る。放牧場として開かれた高原だ。この道は突き当たりが美ヶ原高原のテレビ塔群になる。メジャーなビーナスラインに比べ「知る人ぞ知る場所」なのでとにかく交通量が少ない、と言うかほぼ無い!

IMG_6073.jpg
 お気に入りの場所で写真を撮るが、この風景を独り占めなのだ

IMG_6078.jpg

ゆっくり流し、時々止まっては花や風景の写真を撮る。その間数台のバイクと車、自転車が行き交うだけだ。看板も電柱も建物もないこの景色を味わいに来て欲しいといつも思うのだが・・あまり有名になって欲しくないと言う気持もある

この道の行き止まり「王ヶ鼻」から「王ヶ頭」ビーナスラインの終点まで直線で3Km程度だが道は歩道しかない。それで良いとオヤジは思う。あえて道路で繋ぐ必要もないし、いつまでもこのままの姿を保って欲しい。

IMG_6084.jpg
 さて、表のビーナスに会いに行くか

ビーナスラインに向かうには一旦来た道を戻り、途中武石峠の分岐で上田方面へ下る。武石村に降りてから改めて美ヶ原高原(表側ね)へ向かう。ここも狭くて急峻、しかも悪路だがしょうがない

上り詰めると野外美術館に出る。一気に交通量が増えるか観光地なのだからしょうがない。表側の行き止まりの観光センターにバイクを留め、牛伏山頂上まで歩く。僅かな距離だ。

IMG_6085.jpg
  牛が伏せっている。山は「うしぶせやま」 お寺は「牛伏寺 ごふくじ」、断層は「牛伏寺断層 ごふくじだんそう」と読む

IMG_6086.jpg
 登り始めるとこの景色が広がる

IMG_6088.jpg
 山頂から観たテレビ塔群 本来西側には北アルプスが見渡せるのだが今日は雲の中だった。残念!

ビーナスラインを疾走るのは久しぶりだ。ちょうどニッコウキスゲが満開の時期なので交通量も多い。昔は車山山腹は、どこもかしこもニッコウキスゲだらけだった。しかし最近は野生鹿の食害で僅かなエリアにしか残っていない。電気柵をもうけ、保護しなければ絶滅する状況にまで追い込まれている。しかし鹿が悪いわけではない。鹿の生息地を侵害した人間が悪いのは自明の理である。

IMG_6089.jpg
八島湿原駐車場入場待ちの車で渋滞している。サイドスタンドを出して写真を撮ることが出来るぐらい動かない。

そこでなく、もう少し走った所にある「富士見台駐車場」なら広くてゆっくり駐車できるし、ニッコウキスゲもそこそこ群生している。バイクを停め車山へちょっとだけ登ってみた。

IMG_6098.jpg
 ニッコウキスゲ越しの八ヶ岳

IMG_6094.jpg
 ニッコウキスゲもそろそろ終わりだ

今日は本当に気持ちがよい天気だ。暑くなく、寒くなく。青い空も適度に白い雲があるのでとてもすがすがしい。連休最終日なので交通量もさほど多くない。昼食を取るのも忘れ疾走り続けてしまった。

IMG_6103.jpg

結局昼食は長野市内に戻り、大石家のチャーシュー麺になった。アッサリしたラー麺を食べ終えバイパスを走っていると、美ヶ原の頂上からたまたま一緒になり、八島湿原の渋滞から、富士見台の駐車場まで併走したNC750のライダー(渋滞地中の写真に写る後姿のライダーね)とすれ違った。ビーナスラインでは声を掛け合うこともなかったが、お互いビックリしたが軽く会釈し合い「またいつか何処かの道上で会えれば」と思うのであった


かなり気合いを入れて走り続けた行程260Km。日帰りツーリングとしては普通だが、越えてきたコーナーの数は並じゃない。おかげで今朝から全身筋肉痛でオヤジは歳を強く意識している

  風は初夏の さつそうとしてあるけ  種田山頭火

このところイヤフォンに凝っているオヤジなのだ

  わたしひとりの 音させてゐる  種田山頭火

オヤジの職業は「通信・音響機器の企画開発」だった。一度引退したが、「オヤジ殿でなければ」と言ってくれるありがたいクライアントの要望で引き続き糊口をしのいでいる。

企画していたのは業務用機器が中心なので、あまり皆さんとは関わりが無いと思うが、テレビ局スタッフ御用達しの通信用ヘッドセットや、会議システムなんぞを手がけていた。後半はコンシュマー機器にも手を出したので、オヤジが企画した「真空管アンプ」や、「モニター用ヘッドフォン」なんぞをお使いいただいた方もいるかもしれない

そんなオヤジがヘッドフォン評価の標準機として使っていた開放型オンイヤーのヘッドフォンがこれだぁ

IMG_5899.jpg

ちょっと公表するのは差し障りがあるので詳細は書かないが、出自はちょっと凄いんだよ、これ・・

そしてインイヤーのイヤフォンとしてずっと使っていたのはオーディオ・テクニカ製「ATH-CM7Ti」オーテク初のチタンハウジングの名機だ。
最近どうも音が揺らつく、ハウジングから異音がでると思い分解したらこれだぁ
長いこと使っていたので充填剤が劣化したようだ。まだ良い音を奏でてくれているので捨てがたいがしかたがない

IMG_5085.jpg

そこで意を決して最新のイヤフォンを購入すべく近所のヤマダ電機試聴コーナーへ出向いたのである。
ヘッドフォン、イヤフォン選択に関してオヤジは頑固にダイナミックドライバー派である。最近のバランスド・アーマチュアドライバー(BA)も凄いがどうも好きになれない。

IMG_5106.jpg

それにしても凄い値段だな。iPhoneを持ち込んで試聴を繰り返すこと1週間
JVCのウッドコーンイヤフォンHA-FX1100にかなり惹かれた。実は自宅用オーディオはまだJVCケンウッドになる前、オヤジのクライアントでもあった日本ビクター製のウッドコーンEX-AR7
木製のコーンを持つ、唯一無二のスピーカー。センターユニットも素晴らしい。日本家屋で静かにジャズやクラシックを聴くには最高なのだ

IMG_5897.jpg

ドンシャリと言われる高音と低音に振った音作りは嫌いなので、中音ふくらみ、奥行きのある低音、美しく伸びる高音をバランスよく鳴らすオーディオ・テクニカ製の大口径ドライバー採用カナル型CKR10に決めた。カナル型は耳の奥までイヤーチップを挿入するので、外音を遮断し音楽の世界に没入できるのだ

IMG_5142.jpg

決定打はこの曲のギターカッティングの気持ち良さだった。

IMG_5143.jpg

さっそくエージングを開始。まずはピンクノイズ発生アプリで50時間を目標にエージングする。エージングに賛否はあるがオヤジはダイナミックタイプにはやはりエージングをしなければいけない派なのだ。ダイナミックスピーカーは物理的な稼働を繰り返す。要するにスムーズに動くように揉み込んでやらなければならない。購入時の音は音になっていないのだから

IMG_5902.jpg

50時間のエージング経て良い音が出るようになってきたCKR10。現在は200時間を超え、本来の性能を発揮してくれている。オヤジが好きな音楽ジャンルはプログレッシブロック、ハードロック、ジャズ、クラシック、J−POP、ようするに何でも聞く。重低音から高音まで気持良く伸び、明確な解像度とリアルな音像、実に満足がいく音だ。最近テレビを観ることが少なくなってきたが、ますます観なくなった。だがやはりオーディオ・テクニカは重低音重視のロック寄りかな

このところ「Led ZeppelinのKashmir」を毎日聞いている。Led Zeppelinのメンバーがみんな60過ぎのオヤジになってから2012年にやったライブCelebration Dayの「Kashmir」が素晴らしいのだ。このライブはYouTubeにアップされているので是非聴いてくれ。彼らの歳を感じさせない円熟のパフォーマンスがオヤジ世代に勇気をくれること間違いない

 エージングが終わったCKR10は、まるでライブ会場のど真ん中の席で聴いているような感覚をオヤジに与えてくれている

maxresdefault.jpg

CKR10は重低音を響かせるロックには最高だが、もう一つボリュームを下げたときのピアノソロ、ジャズトリオ、バイオリンなどのリリカルなタッチを聴いた時に明確な音のディテールが欲しい。
オーディオ熱が高まり、抑えが効かなくなったオヤジが次に手を出したのは、実はその音作りに否定的だった(音を作り込みすぎる嫌いがあった)SONYだ。

SONYのダイナミックタイプイヤフォンの最高峰、いやSONYだけでなくダイナミックタイプイヤフォンの到達点と言われ、未だこれを越えるイヤフォンがないと評判のMDR-EX1000だ

IMG_5887.jpg

価格も凄いが評価も凄い!最近は値がこなれてきているがそれでもなかなかな値段だった。さっそく聞いてみると「サ行の刺さりが凄い」ハイハットの音がキャンキャンしている。でもオヤジは理解している。MDR-EX1000の16mm大口径ドライバーはエージングが絶対条件だと言うことを。だから焦らずこの原稿を書きながらエージングをしているのだ。

エージング目標時間はピンクノイズ、実聴併せてCKRより長い100時間。来月までかかるがそれで良いのだ。
すでにその実力の片鱗は確認している。音像の広がり、音の分解能力は今の状態でもビックリするほど素晴らしいのだ。MDR-EX1000がその実力を聴かせてくれるのは100時間のエージングが終わった後だ。焦ってもしょうがない、時間は誰に対しても平等に進んでいくのだ

 目の前で演奏している奏者の指が、弦に触れる瞬間の音まで再現するというMDR-EX1000 今からわくわくしている


男がはまってはいけない3大趣味は「車」「時計」そして「オーディオ」。のめり込み、つぎ込めば数千万円では終わらないと言われている。庶民のオヤジはこのあたりで充分満足している

  夕立晴れるより 小蝉静かに 鳴き初めぬ  種田山頭火

オヤジの忙しくも、充実した日曜日

 どなたも元気で 夏畑の 人や虫や  種田山頭火

ずいぶんとブログの更新をサボったものだ。正直いろいろ忙しかったのは事実だし、ネタに事欠いていたということもある。オヤジの日常はそんなに変化に富んではいないのだよ

ゴールデンウイーク初日に植えた野菜の苗は順調に育ち、早いモノはもう収穫できるようになった。

その代表格はズッキーニだ。オヤジの畑では毎年定番の野菜だ。連作障害も出ず、安定して収穫でき、食べても美味しいのだ。

ただ一つ難点がある。雌雄別花なので受粉をしてくれる虫が出てくるまでは、雄花を摘んでおしべをめしべにくっつけるという受粉作業をしなければならない。しかもこいつら早起きで、日が強くなると花がしぼんでしまうので、早朝のルーチンワークに「ズッキーニの受粉を手伝う」という仕事が追加されるのだ

IMG_5555.jpg

初期はなかなか雄花が咲かない。雌花だけが寂しそうに咲いているが、オヤジはお構いなしにその雌花を摘んでくる。これが「花ズッキーニ」という独立した食材、栽培していないと食べられない逸品なのだ。ちなみに受粉できなかった雌花はほおっておくとしぼんで腐ってしまう

IMG_5568.jpg

めしべを取り、か弱い花弁に肉や、チーズを包みフリッターや天ぷらにする。今回は先日仕込んだスモークチーズのオリーブオイル漬けがあったのでそれを入れた。これが実に美味いのだよ。花ズッキーニが手には入ったら是非試してくれ

昨年の晩秋に植えたタマネギが収穫できるようになった。50本植えたが大半が無事冬を越し収穫できた。一昨年は全滅の憂き目にあったが、今年は大きなタマネギを収穫できた。

IMG_5607.jpg

新タマネギをさっそく女房が「丸ごとコンソメ煮」にした。収穫時だけ味わえる、甘くてとろとろの新タマネギを堪能したのだ。

IMG_5610.jpg

朝から家の片付けをしていた。まもなく昼という頃、隣のリンゴ農家の息子が夜釣りで釣った大量の豆アジを持って泣きついてきた。

「母ちゃんがこんなアジ捌けないと言うんで、おっちゃん捌いてください」報酬は別に良いのだが「豆アジ半分と今朝リンゴ畑で取ってきたワラビ」だ。ほくそ笑むオヤジ。ありがたい交換条件ではないか

IMG_5668.jpg

ビッグゲーム・フィッシャーマンだったオヤジは、釣ってきた10Kg以上のカンパチやマグロをスイスイ捌いていたのだ。こんな小さい魚は・・・あっという間に・・・出来ない。仕方なく最近出番がなかったカスタムナイフ「トラウト&バード」を持ち出し、背中を丸め椅子に座り、流しに向かってちまちまと60数匹の豆アジの解体作業を小一時間続けたのだ

アジをさばく為時間を取られたが、昼飯は収穫したズッキーニでオヤジ特製のペペロンチーニを作った。

IMG_5661.jpg

野菜オンリーのパスタ。ニンニクはこの春収穫した自家栽培品だ。これが実に旨いのだよ

夏はもうすぐだ。今日は夏のような空だが爽やかな風が吹いている。忙しい週末だったが少し昼寝をした。寒くなく、暑くなく、穏やかにまどろんだ一時だった。

IMG_5669.jpg

今朝から東側の使っていない部屋を片付けていた。絵を描く部屋を確保するためだ。今まで二階のリビングにイーゼルを置いて描いていたが、犬にも女房にも不評だったので、一階に撤退することにした。実はこの部屋寒いのだ。季節も良くなってきたのでここで秋までは頑張ろう。冬が来たらまたその時考えることにしよう。

IMG_5674.jpg

古い部屋だが、遠くまで見渡せる「明るいアトリエ」にオヤジは満足している


夕飯は女房が午後一杯かかって二度揚げにした豆アジを、収穫したばかりの新タマネギと一緒に「南蛮漬け」にしてくれた。やはりこの時期、ほどよく冷えた南蛮漬けを冷めたいビールでやっつければ・・・至福!

IMG_5679.jpg


  しかし忙しくも、充実した日曜日だったなあ



 昼寝目覚めて どちら見ても山  種田山頭火



プロフィール

cjjfish

Author:cjjfish
信州からオートバイ乗りのオヤジがツーリング、燻製作り、家庭菜園のことなどを種田山頭火の句と織り交ぜ書き連ねます

  山あれば山を観る
 雨の日には雨を聴く
    春夏秋冬
  あしたもよろし
  ゆうべもよろし
すなおに咲いて白い花なり

   種田山頭火

Twitter つー坊 @cjjfish

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。