スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また夏が来る ビーナスラインの裏表を疾走ってきた

  どうやらあるけて 見上げる雲が初夏  種田山頭火

まだ今日に時点で信州は梅雨明けしていない

IMG_6070.jpg
我が家のベランダから正面に美ヶ原が見える。まあ望遠鏡でのぞかなければテレビ塔群は見えないが・・

今日は久しぶりにあそこまでツーリングしようと思い、「雲がかかっていることが気になる」とツィートしたところ、松本のフォロワーさんから「すぐに雲は消えますよ!」との情報が。

それならば「海の日に山へゆこう!」とあまのじゃくなオヤジは重い腰を上げた。まだ梅雨明け宣言はされていないが、ちょうど今日、東海までは梅雨が明けたようだ。
早めに家を出られたので今日はビーナスの裏と表を疾走るつもりだ。ビーナスラインはこのブログで何度か紹介させてもらっている。何度疾走っても飽きない素晴らしい高原ルートだ


自宅を出発し国道19号線で松本へ向かう。松本の手前にある美鈴湖から狭くて急峻な美ヶ原林道を頂上へ向かって走ると、高山帯に出る。放牧場として開かれた高原だ。この道は突き当たりが美ヶ原高原のテレビ塔群になる。メジャーなビーナスラインに比べ「知る人ぞ知る場所」なのでとにかく交通量が少ない、と言うかほぼ無い!

IMG_6073.jpg
 お気に入りの場所で写真を撮るが、この風景を独り占めなのだ

IMG_6078.jpg

ゆっくり流し、時々止まっては花や風景の写真を撮る。その間数台のバイクと車、自転車が行き交うだけだ。看板も電柱も建物もないこの景色を味わいに来て欲しいといつも思うのだが・・あまり有名になって欲しくないと言う気持もある

この道の行き止まり「王ヶ鼻」から「王ヶ頭」ビーナスラインの終点まで直線で3Km程度だが道は歩道しかない。それで良いとオヤジは思う。あえて道路で繋ぐ必要もないし、いつまでもこのままの姿を保って欲しい。

IMG_6084.jpg
 さて、表のビーナスに会いに行くか

ビーナスラインに向かうには一旦来た道を戻り、途中武石峠の分岐で上田方面へ下る。武石村に降りてから改めて美ヶ原高原(表側ね)へ向かう。ここも狭くて急峻、しかも悪路だがしょうがない

上り詰めると野外美術館に出る。一気に交通量が増えるか観光地なのだからしょうがない。表側の行き止まりの観光センターにバイクを留め、牛伏山頂上まで歩く。僅かな距離だ。

IMG_6085.jpg
  牛が伏せっている。山は「うしぶせやま」 お寺は「牛伏寺 ごふくじ」、断層は「牛伏寺断層 ごふくじだんそう」と読む

IMG_6086.jpg
 登り始めるとこの景色が広がる

IMG_6088.jpg
 山頂から観たテレビ塔群 本来西側には北アルプスが見渡せるのだが今日は雲の中だった。残念!

ビーナスラインを疾走るのは久しぶりだ。ちょうどニッコウキスゲが満開の時期なので交通量も多い。昔は車山山腹は、どこもかしこもニッコウキスゲだらけだった。しかし最近は野生鹿の食害で僅かなエリアにしか残っていない。電気柵をもうけ、保護しなければ絶滅する状況にまで追い込まれている。しかし鹿が悪いわけではない。鹿の生息地を侵害した人間が悪いのは自明の理である。

IMG_6089.jpg
八島湿原駐車場入場待ちの車で渋滞している。サイドスタンドを出して写真を撮ることが出来るぐらい動かない。

そこでなく、もう少し走った所にある「富士見台駐車場」なら広くてゆっくり駐車できるし、ニッコウキスゲもそこそこ群生している。バイクを停め車山へちょっとだけ登ってみた。

IMG_6098.jpg
 ニッコウキスゲ越しの八ヶ岳

IMG_6094.jpg
 ニッコウキスゲもそろそろ終わりだ

今日は本当に気持ちがよい天気だ。暑くなく、寒くなく。青い空も適度に白い雲があるのでとてもすがすがしい。連休最終日なので交通量もさほど多くない。昼食を取るのも忘れ疾走り続けてしまった。

IMG_6103.jpg

結局昼食は長野市内に戻り、大石家のチャーシュー麺になった。アッサリしたラー麺を食べ終えバイパスを走っていると、美ヶ原の頂上からたまたま一緒になり、八島湿原の渋滞から、富士見台の駐車場まで併走したNC750のライダー(渋滞地中の写真に写る後姿のライダーね)とすれ違った。ビーナスラインでは声を掛け合うこともなかったが、お互いビックリしたが軽く会釈し合い「またいつか何処かの道上で会えれば」と思うのであった


かなり気合いを入れて走り続けた行程260Km。日帰りツーリングとしては普通だが、越えてきたコーナーの数は並じゃない。おかげで今朝から全身筋肉痛でオヤジは歳を強く意識している

  風は初夏の さつそうとしてあるけ  種田山頭火
スポンサーサイト
プロフィール

cjjfish

Author:cjjfish
信州からオートバイ乗りのオヤジがツーリング、燻製作り、家庭菜園のことなどを種田山頭火の句と織り交ぜ書き連ねます

  山あれば山を観る
 雨の日には雨を聴く
    春夏秋冬
  あしたもよろし
  ゆうべもよろし
すなおに咲いて白い花なり

   種田山頭火

Twitter つー坊 @cjjfish

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。