スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっと春が来たんだろうと思える日に マドンナに会いにゆく

  晴れて風ふく春がやってきた風で  山頭火

2週間ぶりに火を入れたがエンジンがぐずり気味、まだ朝は寒いのでキャブの調子がいまいちだ。でもキャブのこの面倒を見るから自分のマシンに愛着が湧くのだ。

雲も取れ青空が広がってくる。国道19号を南下する。1500回転でちょうど60Km/h。このぐらいが春の空気をかき分けるにはじつに気持ち良いのだ。

IMG_1833.jpg

緩やかなワインディングが続く19号を走り、大岡村(今は長野市大岡)へ向かう。前回は小川村からアルプスを眺めたが、今日は大岡からだ。北アルプス展望広場からの絶景。残念だがバイクはここまで入れてもらえない。

IMG_1835_2.jpg

IMG_1836_2.jpg

そして駐車場の赤ガエル君、ナンバーに注目していただきたい。

IMG_1838_2.jpg

大岡から、姨捨、本城村を経由し四賀村へ、本日の目的地三好礼子さんの「ペレファ・カフェ」を目指す。http://www.fairytale.jp/event/index.html

IMG_1840_2.jpg

IMG_1839.jpg

昼少し過ぎに到着したが残念なことに礼子さんは不在。でも間もなく帰ってくるとのこと。昼食とチーズケーキをいただき待つことに。ちなみにこのカレー、オーガニックで旨かったですよ。チーズケーキは山羊の乳じゃなさそう。聞くに忘れたな。

IMG_1841.jpg

IMG_1842.jpg

そして礼子さんご帰宅。30年恋い焦がれた方にやっと会えました。30年大切に保管していた片岡義男作文庫本「幸せは白いTシャツ」にサインをしてもらい、記念撮影。初対面の印象はズバリ「豪放磊落」「天衣無縫」平塚雷鳥の「原始、女性は太陽だった」を彷彿とさせる方だ。素敵です。詳しくは別のブログで

IMG_1843_2.jpg

IMG_1846_2.jpg

旦那さんと一緒に見送ってくれました。動画を撮ってくれたけど、どこにアップされるか(フェイスブックでした。別ブログでアップしましたよ)聞きそびれた。実はかなり興奮していたんです。落ち着きのないオヤジでした。

ペレファ・カフェをあとに松本の小松パンへ名物の牛乳パンを買いに向かいます。松本市内は一方通行が多く、カーナビを潔しとしないオヤジは地図を頼りに迷い続けている・・のだ。
らちがあかないのでバイクを路肩に停め、地元民らしき方に小松パンの場所を聞く。答えは「そこですよ」あらら、すぐそこじゃないか。

俺「いや〜、長野から来たんですが迷っちゃって。済みません牛乳パン下さい」
おばちゃん「今売り切れました。土曜日は予約してもらわないとすぐ売り切れちゃいます(あんた素人だね)」
俺「あら〜」

あきらめて帰ろうとしたら直前に最後の牛乳パンを買ったお客さんが「1個お譲りしましょうか」と神にも等しいお声がけ
俺「えっ、いいんですかぁ」
お客様(神)「東京から予約して来たんですけど、思ったより大きっかったので良いですよ」って袋に5個も入っているじゃねぇか。
ありがたいことに1個譲ってもらえたオッサンは何度もお礼を言ったのでした。お店のおばちゃんも「良かったねぇ」だって。

IMG_1847_2.jpg

昨日までの寒さと違い、結構暑い!サイドバッグに大切に入れた牛乳パン、クリームが溶けないように大急ぎで帰宅したのですよ。

IMG_1851.jpg

この分厚いクリーム、オッサンと奥さんは口の周りと指をクリームだらけにして美味しくいただいたのであります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cjjfish

Author:cjjfish
信州からオートバイ乗りのオヤジがツーリング、燻製作り、家庭菜園のことなどを種田山頭火の句と織り交ぜ書き連ねます

  山あれば山を観る
 雨の日には雨を聴く
    春夏秋冬
  あしたもよろし
  ゆうべもよろし
すなおに咲いて白い花なり

   種田山頭火

Twitter つー坊 @cjjfish

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。