海鮮丼を食いに海まで疾走れ!

  投げだして まだ陽のある脚    種田山頭火

IMG_2471.jpg

いきなり投げ出した足の写真で失礼する。ただ海鮮丼の店が開くまで待っている時の写真と、山頭火の句をかけただけだ。もっとも山頭火なら草鞋だが・・

このウエスタンブーツはトニー・ラマのペコス、もう十年以上履いている。だいぶ革が弱ってきているのだが、そういう靴こそ履き易いのだから仕方がない。ラナパーを含ませながらまだまだ履き続けるつもりだ。バイクに乗る時はこのトニー・ラマかレッド・ウイングのアイリッシュセッター。履き慣れるまでに時間と痛みを伴うが、その後の人生を共に歩んでくれる靴達だ。

  歳を重ね ライフスタイルがますますラギット化してきた

(ラギッド:Ragged=無骨な、飾り気のない、あるいは丈夫な, しっかりしたという意味)

前のブログで書いたように二週間前にホットラン製のマフラーを取り付けたが、ベントの角度が若干違っていたので排気漏れを起こしていた。仕方なくショップのお世話になり、アーク溶接でベントを付け直し、装着完了したので試運転。溶接でステンレスのエキパイが焼けてしまったので改めてバフをかけ、ピカピカになったエキパイの焼き直しを兼ねツーリングに出た。

IMG_2458.jpg


先日の土砂崩れで通行できなくなっていた国道406号から「白沢峠」へ向かう。以前このブログでも紹介したが長野市から鬼無里を抜け白馬に至る道だ。
真っ暗なトンネルを抜けると目の前に北アルプスの絶景が広がる。その感動を久しぶり味わいに行った。元々路面状態が悪い「酷道」だが、災害復旧の途中でもあり前にも増して「酷道」状態だ。路面は至る所で剝がされ、砂利がひかれている。重量バイクには辛い箇所が十数カ所有った。
これから訪れる方はコーナーの手前ではスピードを落として欲しい

IMG_2460.jpg

IMG_2459.jpg
そんな苦労を帳消しにしてくれる絶景に、今日も出会えることが出来た。

白馬村に下る道も同じように「酷道」なので気をつけていただきたい

白馬に来たときは必ず訪れ、バイクを停めて写真を撮る「松川河川敷」に入る。今日は珍しく入り口ゲートが開放されていて、車が数台入りスケートボードを楽しむ人たちがいた。そして定位置で白馬岳をバックに写真を撮る。
さて糸魚川に向け一気疾走りだ。

IMG_2466.jpg

本日の目的地は糸魚川市の「漁師の店 傳兵」。数日前に地元テレビ局の番組で紹介されていた12種類の魚介類が贅沢に盛り込まれた「海鮮丼」を食しに来たのだ。

IMG_2470.jpg

11時開店とネットに書いてあったので、10時50分に到着。実際は11時30分開店、しかも今日はテレビの影響で「予約のお客さんで一杯なんですよ〜」だとさ。
「残念〜」とがっくりしていると大将が「カウンターでも良ければ1名分ぐらい何とするよ」と神対応!良い店じゃないか。その後も来る客で予約していない人たちは断られ、すごすごと帰って行った。ほとんどが長野、松本ナンバー。

外の日影で40分待ち、暇をもてあましているときの写真が冒頭の物だ。そして開店と同時に予約客が流れ込む。私もカウンターへ。全員の注文が「海鮮丼」なのですでに用意されていたのはご愛敬。

IMG_2472.jpg
これで1800円也 コストパフォーマンスはかなりの物だ。そして新鮮で美味い。特に甘エビは大ぶりで本当に甘いのだ。地魚も深い味わいがありコリコリでたまらんのだ。
大将にお礼を言って大満足で店を後にする。

IMG_2473.jpg

  飯のうまさが 青い青い空   種田山頭火


海沿いの国道8号線を走り、道の駅「マリンパーク能生」で食後の休憩。ここでオヤジは回りの目を気にしつつソフトクリームを食す。真夏の太陽は一気にソフトクリームを溶かす。

IMG_2474.jpg
この写真を撮るときに危うく上のソフト部を落としそうになった。アブナイアブナイ

暫く8号線を上越方面に走ると藤崎海水浴場に着く。ガードレール無しで愛車と海を一緒に写真を納められる貴重な場所だ

IMG_2478.jpg
ハンドル越しに海の写真を撮る。若い頃、航海士志望だったオヤジはこのまま海に乗り出してしまいたい衝動に駆られるのだ。

 海見れば 波音ききたく ちよいと下車する   種田山頭火

以前から気になっていたのだが有間川漁港の山側に一本のケヤキの巨木が立っている。時間があるので今日は山へと車体を傾け、探索に向かってみる。
そこは出来たばかりの「たにはま公園 海が見える丘」という広大な公園だった。芝生広場が整備され大勢の親子連れがバーベキューを愉しんでいた。

IMG_2489.jpg
海を望む公園に立つケヤキの巨木、絵になるじゃないか。

IMG_2490.jpg
暑さはピーク、上越のコンビニでノンアルコールビールを飲み干す。

「さあ家に帰ろう」

IMG_2491.jpg
黒姫山、妙高山をバックに柏原のあぜ道で写真を撮った。山の民はこの風景を見るとやはり心が落ち着くのだ。タンクを満タンにし無事帰宅。本日の走行距離は下道だけを使い225Km。新しいマフラーのパイプ径が4incなったせいか燃費が向上し24Km/Lを記録した。

IMG_2492.jpg
海のお土産にと上越の笹団子を買ってきた。

家内が好きなアッサリしたあんこたっぷりの餅を、夕食前にもかかわらず渋いお茶でいただいてしまった。

   すすめられて これやこのあんころ餅を一つ   種田山頭火

ゆっくりと風呂につかる。心地よかった疲れが湯に溶けだしてゆく。日焼け止めを塗ってはいたが、二の腕と顔は本格的な夏を前にすっかり日焼けしていた。

          「そしてまた夏が来る」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cjjfish

Author:cjjfish
信州からオートバイ乗りのオヤジがツーリング、燻製作り、家庭菜園のことなどを種田山頭火の句と織り交ぜ書き連ねます

  山あれば山を観る
 雨の日には雨を聴く
    春夏秋冬
  あしたもよろし
  ゆうべもよろし
すなおに咲いて白い花なり

   種田山頭火

Twitter つー坊 @cjjfish

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR