スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高原の夏 温泉に浸り 巨木に会いに行く

    分け入っても分け入っても青い山  種田山頭火

突然の梅雨明け宣言と供に夏はいきなりヒートアップしてきた。昨日は家庭菜園の雑草取りで熱中症になるかと思うほど働いたので、今日は高原の温泉でゆっくりしようとツーリングに出た。

私が好きな温泉は万座温泉だ。硫黄の香りがする白濁湯が溢れる湯治場の風情がまだ残る豊国館がお勧めだ

万座温泉に向かうには中野市から志賀高原経由の国道292号線を使うのが最も簡単だが交通量が多く、私の鈍亀ハーレーでは気を遣う。私はいつも高山村から万座温泉へ直接抜ける112号と466号線を使う。この道はカーブは多いが整備されていて走りやすい。交通量も少なく風景を愉しみながらゆっくりと上れる。ちなみに112号線は直進すれば行き止まりとなり毛無峠となる。ここも絶景ポイントなので一度は訪れることをお勧めする。

IMG_2662.jpg

IMG_2663.jpg
  途中で一休み 来たアルプスの山々を望む

万座温泉到着前には深緑の水をたたえ、静けさに満ちた牛池がある。澄み切った水底に生える藻の色で深緑色に見える。秋には紅葉が美しい小さな池である。

IMG_2666.jpg
  小さくても存在感のある「牛池」

万座の温泉宿も大手資本の豪華なホテルが多いが、私がいつも立ち寄り湯で訪れるのは豊国館である。湯治客が食材を持ち込み、自炊しながら長期間湯治するまさにひなびた宿である。入浴料は500円。貴重品は自分で名前を書いて帳場に預ける。きしみ音がする板張りの廊下を行くと露天風呂がある。この色が良いのだ。

IMG_2668.jpg

一応混浴だが最近は女性はタオル装着可というお達しが出て、タオルを巻いてはいる無粋な女性客が増えた(スケベオヤジの個人的意見です)昔は良かったなぁ。
ちょうど熟女軍団が出た後、貸し切り状態になっていたので写真を撮った。昨日の疲れを取るにはちょうど良い。ゆっくりと気兼ねなくお湯につかり、太陽の陽射しを全身に受け、また湯に浸かるという贅沢な時間を過ごした。

IMG_2669.jpg

昭和の香りがする帳場前のくたびれたソファーでくつろいでいるとギャル軍団が到着。オヤジは今来たような顔をしてもう一度風呂へ戻る勇気もなく、かといって入浴中にこのギャル達が来たらちょっと焦ったな、と思う次第であった。ドウセヤツラハ タオルヲマイテイルンダ

万座温泉を出て志賀高原へ向かう。高原の空気は澄み切り、気温は体温を下げるにはちょうど良い。空はあくまでも蒼く、雲は舐めたくなるほど白い。山々は山頭火の句のままにどこまで行っても生命感溢れる緑である。

IMG_2671.jpg

そこから奥志賀、雑魚川林道を経由しカヤノ平へ向かう。


雑魚川には古来種の日本イワナが生息している。放流をあえてしないので純血が保たれている。職業漁師がいる川でもある

IMG_2673.jpg
  清流「雑魚川」

IMG_2675.jpg
  カヤノ平の牧場

カヤノ平には毎年必ず会いに行く欅の巨木が立っている。深雪に耐え、大きく枝を張る巨木にまた会いに来た。こいつはこの先まだ何十年もここで風に吹かれ、日に焼かれ、雪に埋もれて静かに立ち続けていくのだろう。私が生ある限りここに来ても、きっとこいつはその巨軀をいささかも変えず、私の訪問を受けてくれるのだ

IMG_2680.jpg
  この木はもう何年ここに立っているのだろう

カヤノ平をそのまま直進すると木島平村に出る。暫く深い山の中の道を走ることになるが、交通量は少なく、熊の巣でもある。たぶんこの写真を撮ったときに、周囲5Km四方には私と熊さんしかいなかったのではないだろうか。当然エンジンを切らず音をたてたまま写真を撮った。

IMG_2681.jpg
   常に熊の気配が・・

ブレーキがフェード気味になり始めた頃、やっと下りが終わり木島平村に着いた。ここの馬曲温泉(まぐせおんせん)も見晴らしが良く、気持がよい温泉である。山々を眺めながらゆっくり浸るにはとても良い温泉だ。信州は温泉の宝庫、この辺りには数多くの温泉があり、お湯の色だけでも透明、白、茶、赤と、よりどりみどりだ。また追々紹介させてもらうつもりだ。

時間はすでに2時に近い。さすがに腹が減った。昼飯を食わなければと急いで豊田村の鳥正に向かう。ここの鶏の唐揚げはニンニクたっぷりで、その量も凄いのである。このところ蕎麦やうどん、野菜ばかり食べていたので白い飯と肉をがっつり喰いたい。しかし到着したのは2時10分!すでに看板は着方付き、暖簾は仕舞われていた。しかも駐車場にはオートバイが二台と自動車が1台止まったまま、まだ食事中なのだろう。「惜しかったね」と店の中から言われたような気がした。

しかしオヤジはめげない。こうなったら速攻で柏原へ向かい、樹林の「厚切り味噌かつ定食」を食うのだ。何が何でも今日は肉をがっつり喰うのだ

樹林は客はいなかったが開いていた。常連というわけではないが、年に何度かハーレーでふらっと来るオヤジを覚えていてくれるようで、気持ちよく受け入れていただいた。そしてオヤジは饗された3センチほどの厚みがあり、甘味噌がかけ回された。熱々でさくさくのとんかつに食らいつくのであった

IMG_2682.jpg
  旨いとんかつとはこういうモノだ

この樹林から数分の所の黒姫山を仰ぐ、いつもの田んぼのあぜ道で、無事戻ってきたという証拠写真を撮る。今日の黒姫山はわずかに霞を纏い、田では雑草を焼く煙がのたりと漂い、何とも良い感じである。

IMG_2683.jpg


農道の傍らで売っていた、もいだばかりのトウモロコシをお土産に買い、家への途に就いた。
茹であがったトウモロコシの実の色。この色も私には夏の色である

IMG_2685.jpg
 プチッとはじけ、甘い露があふれ出る


  心ややにおちつけば遠山霞かな  種田山頭火



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cjjfish

Author:cjjfish
信州からオートバイ乗りのオヤジがツーリング、燻製作り、家庭菜園のことなどを種田山頭火の句と織り交ぜ書き連ねます

  山あれば山を観る
 雨の日には雨を聴く
    春夏秋冬
  あしたもよろし
  ゆうべもよろし
すなおに咲いて白い花なり

   種田山頭火

Twitter つー坊 @cjjfish

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。