秋の山上から湖を眺め、ラーメンを食すのだ

 まっすぐに 道が突きあたる 秋の山   種田山頭火

秋真っ盛りの信州である。紅葉はまさに見頃、晴天、暖か、出かけるしかないじゃないか。オヤジはいそいそとKSRにサンダーバード2号のように「ラーメン製作装備 1番バッグ」を装着するのだ。

私のブログを見ていただいている方には「またあそこか」と思われるかもしれないが、国道406号を通って鬼無里から白沢峠を越え白馬に向かう。今日のラーメンポイントは・・・オ・タ・ノ・シ・ミ に

IMG_3423.jpg
鬼無里街道の巨木 オヤジは広葉樹の巨木が好きなのだ

IMG_3424.jpg
もう紅葉が進み、落ち着いた装いを魅せる

IMG_3425.jpg
鬼無里の里でちょっと横道に逸れ、林道をちょろっと走る

林道の木々のトンネルを走っていると、なんとも清々しい気持ちになれる。人はその昔、森の中で暮らしていた頃の記憶が摺り込まれているのだと思う。今ここには自分しか居ないと思うと「大きな恐怖」と「安心」という相反する矛盾にさいなまれてしまうのも人の記憶と、種としての理なのだろうか


IMG_3426.jpg
ますます山は深くなってくる。紅葉は青い空と競い合っている

ハーレーで走ると狭い峠道で苦労するが、KSRだとすいすい走れる。もちろんパワー不足は否めないが、リーンアウトでのんびりとコーナーを曲がって行くのが気持ち良い

IMG_3429.jpg
白沢峠 トンネルの中から綺麗な北アルプスが見える

IMG_3427.jpg
空気が澄んでいるので絶景だ

ここから白馬村へ下る。道は全て紅葉に包まれている。なんて気持ちが良いんだ。そしていつもの「松川河川管理道路」のいつもの場所で写真を撮るのだ。写真は後でね

仁科三湖の真ん中の湖、中綱湖から鹿島槍スキー場へ上がる。スキー場の駐車場についてビックリ!「珍走団の集団」がたむろしていた。その数200台ぐらい。何でこんな人がいない山の中に集まっているのかは不明。目立ちたいんだろうおまえ達

IMG_3437.jpg
鹿島槍ヶ岳ね
IMG_3438.jpg
こんな林道が暫く続くのだ

スキー場の駐車場手前を左に折れ、鹿島槍を眺めながらまた林道へ入る。この林道は全て舗装されていて路面も綺麗な快走路なのでオススメだ。途中デッカイ猿2頭に眼飛ばされたが、こっちだってミラーコーティングのシールド越しに睨みつけてやったぜ

暫く走って本日の目的地に到着「木崎湖を望む小熊山パラグライダー発進場」

IMG_3442.jpg
車は入れないがバイクならここまでは入れるのだ。しかもちょっとアクセルを煽ればあの風景の中に飛び込める。結果に責任は持てないが

今日はこの絶景を眺めながらラーメンを作って食べる。贅沢だろう、準備する手がうれしさで震えちゃったよ

IMG_3443.jpg

手慣れたもので。今日は醤油ラーメンなので具材はチャーシューと煮玉子。本当は畑で今朝間引いた小松菜の芽を持ってくる予定だったけど忘れてきてしまった。残念だ
IMG_3457.jpg

そして恒例のリフトアップね。旨そうでしょ
IMG_3460.jpg
IMG_3461.jpg

ラーメン完食後は、前回忘れた珈琲を楽しむのだ。オヤジは家で使っている「マキネッタ」を持ってきているのだよ。こいつはもう十五年ぐらい使っているヤツだ。マキネッタは洗剤で洗っちゃいけない。水洗いだけで使い続け、味がまろやかになるよう育てるのがイタリアのマンマからの教えなのだ
IMG_3465.jpg

珈琲を楽しんでいたら横でイベントの準備が始まった。ここは本来ハンググライダーが飛び立つために切り開かれた場所なのだ。
IMG_3474.jpg
IMG_3472.jpg
IMG_3477.jpg
よくこんな所から飛び降りられるものだ。実際は一気に飛び上がっているんだけどね

IMG_3468.jpg
この場所の全景をどうぞ (二回クリックすると大きな画像になります)

好天に恵まれ、絶好の紅葉を楽しめたツーリングだった。こんな場所でラーメンを作って食える幸せを嚙みしめながら珈琲をすすり、マッタリと時間を過ごした。日頃のストレスなどぶっ飛んでしまうのだよ

この場所を後にするのは残念だが、寒くなる前に帰宅の途につく。帰りはこの林道をそのまま進み、木崎湖にむかって降りてゆく。木々の間からの木漏れ日を浴び思わず駐まってしまった
IMG_3482.jpg

木崎湖湖畔から今までいた山を眺める
IMG_3484.jpg


  どこからともなく 雲が出てきて秋の空  種田山頭火

信州の短い秋を楽しんだ一日だった。そろそろ新蕎麦が出始める。まだまだ楽しみが続く


そして松川河川敷から白馬岳を望むお気に入りの場所で

IMG_3492.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cjjfish

Author:cjjfish
信州からオートバイ乗りのオヤジがツーリング、燻製作り、家庭菜園のことなどを種田山頭火の句と織り交ぜ書き連ねます

  山あれば山を観る
 雨の日には雨を聴く
    春夏秋冬
  あしたもよろし
  ゆうべもよろし
すなおに咲いて白い花なり

   種田山頭火

Twitter つー坊 @cjjfish

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR