スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の海を観てきた


 春の海 終日(ひねもす)のたり のたりかな  与謝蕪村

今日は山頭火ではなく蕪村の有名な一句を。
信州から新潟の海へ出るには豪雪地妙高高原を超えなければいけない。当然道には融雪のため大量の塩カルが巻かれている。従ってバイクで県境を越えるには春になり雪が溶け、雨で塩カルが流された頃を見計らってからになる。

まずはいつもの柏原の田んぼから黒姫山と妙高に挨拶する。田んぼの雪はすっかり消え、もうじき田起こしの季節だ

IMG_5043.jpg

県境は思っていたより温かく、雪もなかった。県境関川にかかる橋から妙高山を望む

IMG_5044.jpg

上越の海は、生まれて初めてみた海だ。小学校一年生の夏、汽車に乗って父親が勤めていた会社の海の家へ家族で出かけた。県境の山越えの為に列車には蒸気機関車が連結され、トンネルに入るたびに煙が車内に入らないように窓を閉めた。

いつしか山は見えなくなり、いくつかのトンネルを抜け、そして突然車窓から真っ青な海が見えた。その時に見た海の青さは今も忘れられない。強烈な印象で脳に描き込まれた青だ。今までいろいろな海を見てきたが、この時の青さを凌ぐ海は見ていない

能生の手前、海岸まで降りられる堤防にバイクを停め一休み。ここでガードレールに邪魔されない写真を撮るのがお約束だ。

IMG_5045.jpg

暫く海を眺めて居たら、眠気と食い気が襲ってきた。海岸に降りて潮の香りを胸一杯に吸い込む

IMG_5046.jpg

IMG_5047.jpg

昼食は能生の道の駅で海鮮丼を食べた。地魚丼という白身魚ばかりの海鮮丼だ。この辺りで白身の地魚はソイ、メバル、スズキあたりか。残念なことに使われている魚の名前を聞きそびれた。しっかりした歯ごたえと、それぞれ深い味わいを持った旨い刺身だった。

IMG_5050.jpg

Twitterを眺めていると、地元のフォロワー君が近くを疾走って居ることがわかった。一度会いたいと思っていた青年だ。
食事を終え、先ほどの海岸へ戻り、その場所をツィートすると程なく彼は現れた。1200ccのスポーツスターを購入したばかりの彼は、やはり新調した仕立てが良い、美しい革のジャンパーを纏っていた。スウェットパーカーにダウンベストといういでたちのオヤジは、足の長さの違いに「大和民族体型保存会」の会員として、人類の種としての進化を強く感じたのだった。

IMG_5051.jpg

CfMbFj7UYAEhx8E.jpg

寒くなる前には戻りたいので早々に海を後にした。途中野尻湖に寄ったが、もう除雪で積み上げられた雪はなかった。

IMG_5055.jpg

今シーズンはどこでどんな出会いがあるのだろうか。免許の書き換えを終え、また三年間はブルーになったオヤジは、「バイク乗りなんだからゴールドなんぞ欲しくない!」と放言を繰り返すも、「次回こそゴールド免許になろう」と固く決意するのだった


 新国道 まつすぐに 春の風  種田山頭火


IMG_2402.jpg

冬を目の前に飯綱 戸隠を走ってきた

   しぐるるや しぐるる山に 歩み入る   種田山頭火

市内の天気は良かったが、向かう山の方向には厚く重そうな雲が覆っていた。そろそろ山に初雪が降る時期なので、今のうちに走り回っておこうと地元の山「飯綱と戸隠界隈」を走ってきた。

IMG_3672.jpg

家を出てすぐ、この浅川ループ橋に至る。昔は狭い山道を上がったのだが、浅川ダム工事に伴い整備された道だ。綺麗な真円が二つ、八の字に立体交差するループ橋なのでスーパースポーツに乗っているなら数百メートルにわたってバンク姿勢を維持したまま膝を摺り続けることが出来る道である

道は間もなく戸隠と長野市へ降りる旧道の交差点に着く。そこにあるのが「大座法師池」だ。静かな池の湖畔で記念写真を撮る。青空が出そうで出ないこのもどかしさよ

IMG_3682.jpg

大座法師池を過ぎ、戸隠方面へ暫く走るとオヤジお気に入りの「カフェ中寿美」がある。
IMG_3683.jpg
カフェ中寿美 積まれた薪が冬の訪れを予感させる

小さな店だが落ち着く店なのだ。何が良いって・・本がたくさんあるのだ。学生の頃ひたすら読みまくった「澁澤龍彦」の本がそれはもうドサリと蔵書されている。時々訪れて少しづつ読むのがオヤジの楽しみであり、青春への回帰なのである

そしてなにより「珈琲が旨い」。あえて「珈琲」と書かなければいけない旨さなのである。静かな語り口の女性オーナーが一杯づつ丁寧にハンドドリップしてくれる珈琲は、大振りのカップにたっぷりと注がれ 運ばれてくる

オヤジお勧めは暖かなアップルパイに冷たいアイスクリームが添えられた「アップルパイと本日のコーヒーセット」である

ゆっくりと本のページを繰る、窓から愛車を眺め、旨い珈琲を飲む。オートバイに火を入れ、エンジンを暖め、道を蹴り、その一杯のために疾走る価値があるヒトトキなのだ

    カフェ中寿美 http://cafenakazumi.web.fc2.com 
  こちらの記事を参考に  http://www.nao-magazine.jp/kissa/archive/000851.html

IMG_3684.jpg
すでに薪ストーブが焚かれていた。オヤジは少し冷えた身体を温めるのだ

IMG_3685.jpg
メニューは田之上尚子さんの手により、一枚一枚描かれた逸品なのだ

IMG_3686.jpg
 「どこかに ある」田之上尚子作 店内に女史の作品が展示されている



飯綱を後にし、戸隠へ向かう。表通りは行かず山道に入る。昔、釣りの帰りにここでクマと遭遇した。こちらは車の中だったので事なきを得たが、クラクションを鳴らしながら走行する。
IMG_3689.jpg

IMG_3688.jpg
カラマツの落葉が水を含んでいる路肩は、結構滑るので注意が必要だ

程なく戸隠の鏡池に着く。昔は訪れる人も少なく静かな池だったが、レストハウスやら、トイレやらが出来て人気の観光地になってしまった

IMG_3693.jpg

IMG_3694.jpg

  枝をさしのべてゐる冬木   種田山頭火

風があるので水面が波立っているが、風がなければ鏡のように戸隠山を映してくれる。農業用の調整池だが、イワナやイモリが居る。昔は釣っても良かった(漁業権が設定してなかった)が、今は自然保護の対象になったようだ

IMG_3690.jpg
さすがにここまで来ると寒い。気温以上に体感温度が下がってきている

昼を過ぎ、腹も空いてきたが、空も晴れてきた。もう冠雪している白馬岳を見ようとおもい、アルプス展望台がある小川村へと向かう

IMG_3709.jpg

IMG_3708.jpg
小川村天文台駐車場から 雲があって残念だ

だいぶ寒くなってきたので帰宅の途につく。途中「大岡道の駅」で新蕎麦を手繰る。ほんのり緑がかって、鼻に抜ける蕎麦の香りが楽しめる新蕎麦はもうじき終わる
IMG_3711.jpg

日差しは背中に当たっているが寒いのだ。間もなく信州には初雪が降る。雪が降れば道には融雪剤がまかれる。それを合図に信州のオートバイ乗りは愛車を冬眠させる。

    残されたわずかな時間 オートバイ乗りは季節を渡る

IMG_3713.jpg


  うしろすがたの しぐれてゆくか  種田山頭火





秋の山上から湖を眺め、ラーメンを食すのだ

 まっすぐに 道が突きあたる 秋の山   種田山頭火

秋真っ盛りの信州である。紅葉はまさに見頃、晴天、暖か、出かけるしかないじゃないか。オヤジはいそいそとKSRにサンダーバード2号のように「ラーメン製作装備 1番バッグ」を装着するのだ。

私のブログを見ていただいている方には「またあそこか」と思われるかもしれないが、国道406号を通って鬼無里から白沢峠を越え白馬に向かう。今日のラーメンポイントは・・・オ・タ・ノ・シ・ミ に

IMG_3423.jpg
鬼無里街道の巨木 オヤジは広葉樹の巨木が好きなのだ

IMG_3424.jpg
もう紅葉が進み、落ち着いた装いを魅せる

IMG_3425.jpg
鬼無里の里でちょっと横道に逸れ、林道をちょろっと走る

林道の木々のトンネルを走っていると、なんとも清々しい気持ちになれる。人はその昔、森の中で暮らしていた頃の記憶が摺り込まれているのだと思う。今ここには自分しか居ないと思うと「大きな恐怖」と「安心」という相反する矛盾にさいなまれてしまうのも人の記憶と、種としての理なのだろうか


IMG_3426.jpg
ますます山は深くなってくる。紅葉は青い空と競い合っている

ハーレーで走ると狭い峠道で苦労するが、KSRだとすいすい走れる。もちろんパワー不足は否めないが、リーンアウトでのんびりとコーナーを曲がって行くのが気持ち良い

IMG_3429.jpg
白沢峠 トンネルの中から綺麗な北アルプスが見える

IMG_3427.jpg
空気が澄んでいるので絶景だ

ここから白馬村へ下る。道は全て紅葉に包まれている。なんて気持ちが良いんだ。そしていつもの「松川河川管理道路」のいつもの場所で写真を撮るのだ。写真は後でね

仁科三湖の真ん中の湖、中綱湖から鹿島槍スキー場へ上がる。スキー場の駐車場についてビックリ!「珍走団の集団」がたむろしていた。その数200台ぐらい。何でこんな人がいない山の中に集まっているのかは不明。目立ちたいんだろうおまえ達

IMG_3437.jpg
鹿島槍ヶ岳ね
IMG_3438.jpg
こんな林道が暫く続くのだ

スキー場の駐車場手前を左に折れ、鹿島槍を眺めながらまた林道へ入る。この林道は全て舗装されていて路面も綺麗な快走路なのでオススメだ。途中デッカイ猿2頭に眼飛ばされたが、こっちだってミラーコーティングのシールド越しに睨みつけてやったぜ

暫く走って本日の目的地に到着「木崎湖を望む小熊山パラグライダー発進場」

IMG_3442.jpg
車は入れないがバイクならここまでは入れるのだ。しかもちょっとアクセルを煽ればあの風景の中に飛び込める。結果に責任は持てないが

今日はこの絶景を眺めながらラーメンを作って食べる。贅沢だろう、準備する手がうれしさで震えちゃったよ

IMG_3443.jpg

手慣れたもので。今日は醤油ラーメンなので具材はチャーシューと煮玉子。本当は畑で今朝間引いた小松菜の芽を持ってくる予定だったけど忘れてきてしまった。残念だ
IMG_3457.jpg

そして恒例のリフトアップね。旨そうでしょ
IMG_3460.jpg
IMG_3461.jpg

ラーメン完食後は、前回忘れた珈琲を楽しむのだ。オヤジは家で使っている「マキネッタ」を持ってきているのだよ。こいつはもう十五年ぐらい使っているヤツだ。マキネッタは洗剤で洗っちゃいけない。水洗いだけで使い続け、味がまろやかになるよう育てるのがイタリアのマンマからの教えなのだ
IMG_3465.jpg

珈琲を楽しんでいたら横でイベントの準備が始まった。ここは本来ハンググライダーが飛び立つために切り開かれた場所なのだ。
IMG_3474.jpg
IMG_3472.jpg
IMG_3477.jpg
よくこんな所から飛び降りられるものだ。実際は一気に飛び上がっているんだけどね

IMG_3468.jpg
この場所の全景をどうぞ (二回クリックすると大きな画像になります)

好天に恵まれ、絶好の紅葉を楽しめたツーリングだった。こんな場所でラーメンを作って食える幸せを嚙みしめながら珈琲をすすり、マッタリと時間を過ごした。日頃のストレスなどぶっ飛んでしまうのだよ

この場所を後にするのは残念だが、寒くなる前に帰宅の途につく。帰りはこの林道をそのまま進み、木崎湖にむかって降りてゆく。木々の間からの木漏れ日を浴び思わず駐まってしまった
IMG_3482.jpg

木崎湖湖畔から今までいた山を眺める
IMG_3484.jpg


  どこからともなく 雲が出てきて秋の空  種田山頭火

信州の短い秋を楽しんだ一日だった。そろそろ新蕎麦が出始める。まだまだ楽しみが続く


そして松川河川敷から白馬岳を望むお気に入りの場所で

IMG_3492.jpg



「ビーナスの裏」へ行ってきた

  どこからともなく 雲が出てきて 秋の空  種田山頭火

IMG_3327.jpg

本格的に寒くなる前に山の上へ行こうと家を出た。目的地は「美ヶ原高原 王ヶ鼻」

バイク乗りに限らず「美ヶ原ビーナスライン」と言えば知らない人はいないのではないか。しかし今日私が向かったのはビーナスラインが行きどまる美ヶ原美術館の反対側「王ヶ鼻」だ。地元のバイク乗りからは「ビーナスの裏」とか「裏ビーナス」と呼ばれる絶景地だ。しかし、さほど認知されていない場所だ。

なぜ、さほど知られていないか。それはそこへ行くのが大変だからだ。ビーナスラインには茅野、または上田から上がるが、「ビーナスの裏」へは松本市郊外の美鈴湖から山路を王ヶ鼻へと向かう。もう一つ、武石村から上がる道もあるがベテランライダー向けなので紹介はしない

狭くて急峻な道が永遠と続く山路、見通しも悪い。しかもヘアピンカーブが急峻な登りの大型バイクには分の悪い道である。当然モタード、オフロード系の軽いやつらにカモにされるのだ。しかもこの時期は唐松の枯れ葉が道に堆積していて乗り上げたら滑る滑る!

IMG_3303.jpg
 でも、こんな感じで「秋の山路」としてのシチュエーションは抜群なのである。

頑張って登り続けるといきなり視界が開ける

IMG_3305.jpg

IMG_3307.jpg
 遠く北アルプス、眼下には松本市から安曇野市まで見渡せるのだ

しかし「裏ビーナスの実力」はこれからだ。高原道路と呼ぶにふさわしい道を走り続けると、視界は一気に広がる

IMG_3329.jpg

遠くに美ヶ原テレビ塔群が見えるこの場所は私のお気に入りの場所だ。山肌を縫う道が続くこの景色を是非体験していただきたい。

そしてお気づきだろうか。車もバイクもこの時点で一台もいないのである。この広い絶景の中に私一人なのである。
もちろん時々車やバイクは走ってくる。しかし絶対的に交通量が少ないのである。
たぶん表のビーナスラインは激混みであろうこの日に、この状況を味わえるのだ。ビーナスラインに何度か来るのであるなら、遠回りにはなるが是非「ビーナスの裏」へハンドルを切って欲しい。

そしてここが「ビーナスの裏」の突き当たり、テレビ塔群の直ぐ下には休憩所があるのでトイレと一休みが出来る。食事はお高いので(山菜蕎麦600円也)お勧めはしない。この日は気温8度、かなりの強風が吹いていたので体感温度はそれ以下だった。冷えた身体を熱い蕎麦で温めたかったが・・あの蕎麦を見ちゃうと食手が動かないのだ。我慢して鹿肉の肉まんを食した。ほんのりと山肉の臭い(風味)があるが、本来鹿肉はもっと滋味深い、旨い物なのである。

IMG_3322.jpg

IMG_3320.jpg
 テレビ塔群と休憩所。駐車場に車が多いがほとんどはトレッキング客である

IMG_3321.jpg
 駐車場からの景色、北側には手前に上田盆地、左奥には善光寺平、長野市が見える。実は自宅からこの場所が見えるのだ。

IMG_3317.jpg
 本来この辺は牛の放牧地。牧場なので当然牛がいる


IMG_3323.jpg
 交通量が少ないので、道の真ん中に座り込んでこんな写真も撮れるのだ

  わかれてきた道がまっすぐ  種田山頭火


天気は良かったがやはり寒かった。まもなくこの高原にも雪が降り冬期閉鎖になる。
まだまだ行くことが出来るので、防寒対策をしっかりして出かけてみて欲しい。あまり知られて「表のビーナス」のようになっても困るが、そんなけちくさいことは言わず、日本離れしたこの風景に浸って欲しい

日が高くなり、暖かくなってきたので山を降りることにした。今度は武石村へ下る。こちらは道は良いし、景色も素晴らしいのだが、とにかく狭い。見通しが悪く狭いカーブの先から、脇見運転の車が飛び出してきても回避できるテクニック、その気配を察知できるライダー向けの道であることを伝えておく。

IMG_3332.jpg
 紅葉が進む秋の山

IMG_3341.jpg
 こんな風に写真を撮るのも良いものだ。さて街へ降りて温かいラーメンでも食べようか


  けふもいちにち 風をあるいてきた  種田山頭火

絶景を眺めながらラーメンを作って食うのだ

  嚙みしめる 飯のうまさよ 秋の風  種田山頭火

KSR110が我が家に来てからもう1ヶ月。入庫の際に注文していたタイヤがやっと来たので昨日装着した。このKSRはオフロード仕様にカスタムする予定なので、まずはタイヤが替わらないと如何ともしがたい

IMG_3101.jpg
IMG_3102.jpg

リアはBSのML90でオフでの食いつきの良さを、フロントはBSのML50でオフタイヤでありながらもオンロードでのハンドリングの軽快さを狙った。「二兎を追う者、一兎も得ず」となるかどうか

朝から曇りがちだったが昼過ぎには晴れ間が出るという天気予報を信じて出発した。今日はラーツー、笹ヶ峰の林道を走り、笹ヶ峰ダムでラーメンを作って食べるのが目的だ

雲行きはますます怪しくなり、小雨が降り出してきたぞ

IMG_3104.jpg

長野と新潟の県境杉野沢地区。ここから黒姫スキー場に入り、ゲレンデを抜けて行く。ココも霧が凄い

IMG_3107.jpg

霧雨に濡れながら、急な山道をやっと上がって行くKSR。やはり110ccではこんなものか

IMG_3110.jpg

IMG_3115.jpg

笹ヶ峰牧場は霧に包まれているが、何とも幻想的な風景を見せてくれている。そして道端には栃の実が落ちていた。久しぶりに見る栃の実、子供の頃はこの実を布きれでピカピカになるまで磨いたものだ。信州の栄村ではこの実のアクを長い手間をかけて抜き、餅に混ぜて食べる。かさ増し用なので決して旨いというものではないが野趣あふれる味ではある。
栃の実はこんな殻に収まっているのだ

IMG_3113.jpg


笹ヶ峰から小谷村へ向かう林道をひた走る。久しぶりのオフロードの楽しさにヘルメットの中で思わずほくそ笑んでしまう

IMG_3119.jpg

県境は乙見山峠と言い、そこさえ過ぎれば下りになるのだが、なんとあと少しのところで崩落による通行止めだ。こんな巨木が根こそぎ倒れている。

IMG_3121.jpg

残念だが今通ってきた森を眺めながら、オヤジは立ちションをするのであった。男の喜び、開放感これに勝るもの無し

IMG_3124.jpg

笹ヶ峰ダムまで戻り、草に覆われた遊歩道を藪こぎし、やっと湖畔に出た。当然ながらこんな所まで車は入れないし、道があることを知らなければバイクも入ってこない。オヤジがたった一人、この壮大な風景の中にいるのだ(写真をクリックすると大きくなります)

IMG_3139.jpg


IMG_3127.jpg

そしてここからがラーツーのお楽しみ、食卓と調理器具をセットしラーメンを作る。自宅から野菜と肉、卵、ラ王を持ってきた。ストーブはもう20年以上使っているコールマンのPEAK1だ。こいつの強い火力とたくましい音が気に入っている。大自然の中に一人でいると結構寂しい物だが、ストーブの燃焼音が勇気づけてくれるのだ

IMG_3129.jpg

油は使いたくないので少量の水で肉と野菜に火を通し、一旦別皿へ移す

IMG_3132.jpg
IMG_3133.jpg

熱くなった鍋を持つためにグローブをしていたが、そのままで卵を割ったら崩してしまった。やはりそこまで器用ではなかった。無念じゃ

IMG_3135.jpg

完成した「卵入り塩タンメン」をこの風景の中でリフトアップ。タマラン!

IMG_3136.jpg

久しぶりのラーツー、大満足の出来であった。野菜とか肉を持ってくるだけで、ただのインスタントラーメンが極上のラーメンになってしまうのだから「思いっきり楽しむのなら、手間を惜しんではいけない」

IMG_3138.jpg

食後にコーヒーをと思ったが湯を沸かす別鍋を家に置いてきたことに気づき断念。ケトルでも持ってくれば良かったと後悔しきりのオヤジであった。

ここまでの過酷な道を物語る後姿!KSRのフェンダーは水や泥を避けるという女々しい機能は持ち合わせていない・・・「カワサキ製 男のバイク」なのだ。でもカワサキさん、なんとかしてよ

IMG_3141.jpg

帰り道バイク屋に寄って、少し伸びた新品ゴールドチェーンを調整してもらい、時間をかけて洗車してやった。非力ではあるが本当に楽しいバイクだこいつは。長い付き合いになりそうだ

   まっすぐに 道がつきあたる 秋の山 種田山頭火







プロフィール

cjjfish

Author:cjjfish
信州からオートバイ乗りのオヤジがツーリング、燻製作り、家庭菜園のことなどを種田山頭火の句と織り交ぜ書き連ねます

  山あれば山を観る
 雨の日には雨を聴く
    春夏秋冬
  あしたもよろし
  ゆうべもよろし
すなおに咲いて白い花なり

   種田山頭火

Twitter つー坊 @cjjfish

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。